チャート分析で大切になるローソク足

FX取引を行う上で、将来の為替相場の変化の度合いを予測するためことが重要になりますが、そのためにテクニカル分析という手法が用いられています。

 

このテクニカル分析とは、市場における価格の変化を目で見て分かるように図表として記すことにより、将来の価格がどのように変化するのかを予測する方法です。ここで用いられる図表をチャートといい、様々な種類があります。。

 

基本になるのはローソク足チャートです。一定の期間(数日、1週間、1か月など)を決めて、その期間の始値、終値、高値、安値を1本の棒として表すことになります。

 

始値と終値がローソク足の実線になり、高値と安値がそこから伸びる線である「ヒゲ」として表されて表現されるのが、ローソク足チャートです。このローソク足チャートを記録して相場の動きを読むことが、FXで利益をあげることの第一歩になります。

ローソク足とは

FXのチャートを見ると、四角い棒がたくさん並んでいるのがわかります。これは形がローソクに似ていることからローソク足(あし)と呼ばれています。

 

ローソク足には、それがどの時間単位で表されているかで、5分足、1時間足、日足、週足というような種類があります。

 

一つのローソク足からは、5つの情報を読み取ることができます。まず一つはその時間で相場が上昇したか下落したかです。これはローソク足の色でわかります。白や赤などで表されることの多い陽線は上昇、黒や青で表されることの多い陰線は下落を意味します。

 

また、その単位時間内の始値、終値、高値、安値を知ることができます。陽線ならば四角い部分(胴体と呼びます)の一番下が始値、一番上が終値、陰線の場合はその逆になります。そして、陽線、陰線ともに、飛び出ている線の部分(ヒゲと呼びます)の一番上が高値、一番下が安値となっています。