スプレッドで利益を出す為に

FXのスプレッドとは、売値と買値の差額のことをスプレッドと言います。
その差額、つまり、スプレッドは我々に不利な条件となって設定されています。

 

例えば、スプレッドが5銭だとした場合、100.00が買値のとき売値は99.95などといった具合に。
この場合、100.00で買ったとしてもスプレッドは5銭なので、買った時点での売値は99.95となり、5銭の損が買った直後では生じています。
この状況だと、利益がでるのは買ったレートより6銭以上上昇しないと利益にはなりません。
つまり、買った時の値段よりも最低スプレッド分は上昇しないと利益にはなりませんし、売りから入った場合は、その逆となり、最低でもスプレッド分は下落しないと利益にはなりません。
ということは、このスプレッドが小さければ小さいほど利益が出しやすくなるということになります。

 

例えば、スプレッドが1銭ならば2銭の値動きで利益となる、といった具合です。スプレッドはFX業者の利益となってFX業者に入ります。
現在FXでは手数料無料は当たり前です。
以前はFXをやる人が少なかったのでFX業者の利益がスプレッドだけでは運営できないので、取引ごとに別の手数料を取っていたのですが、FX人口が増えたのでFX業者は手数料を取らなくてもスプレッドだけの利益で十分できるようになっているので、現在手数料は無料で、スプレッドだけ手数料としてFX業者に入るようになっています。
なので、各社スプレッドは通貨ごとに違います。スプレッドを常に固定しているFX業者もあれば、スプレッド1銭からといった具合に基本的には1銭だが時間帯や相場に応じて1銭以上になる、というFX業者もあります。
ですので、利益を出しやすくするためにも、より有利なFX業者を選ぶことがFXでは重要になります。